アーユルヴェティック通信AYURVEDICPRESS

Vol.39 アーユルヴェディック・アロマ

 

Ayurvedic Aromas

アロマテラピーはアーユルヴェーダではウェルネスや治癒目的でとても重要です。アロマテラピーはプラーナ(サンスクリットで呼吸、息吹)を保護、消化と代謝を調整、免疫力をアップさせる働きがあります。アロマはとても繊細ですが、マインドとボディを影響する非常に強力な力も持っています。

アロマテラピーは難しいことではなく、たくさんのやり方で実行できます。瞑想の時、スンダリの香り付きのキャンドルを点灯するのも1つの方法です。バラの花びらやバジルを湯船に浮かべるのも簡単ではないでしょうか。

エッセンシャルオイルはより簡単にアロマテラピーを日常に導入させてくれます。エッセンシャルオイルが気化し、私たちの臭覚神経を刺激し脳へ直に働きかけてくれます。臭覚神経は脳で感情、願望や記憶の行程を司る大脳辺縁系を刺激します。また、ホルモン分泌量を調整する内分泌腺も刺激します。

私たちはアロマデフューザーを使ったり、ロケット、キャンドルを使用したりすることで簡単に日常にアロマを取り入れることができます。エッセンシャルオイルはマッサージ、入浴、スキンケア・ヘアケアに取り入れて簡単に使用できます。

スンダリの商品はすべて自然由来のエッセンシャルオイルのみを香料に使用しており、合成香料は不使用です。スンダリフォーミュラで使用される自然由来のオイルは、他ではないような格別な感覚的な体験を実現可能とします。このような体験はドーシャそれぞれに最適なオイルをエキスパートによって厳選・ブレンドされることで可能なのです。
それは以下のようなドーシャで分類されます。
ヴァータ:乾燥肌のためのエッセンシャルオイル 
ピッタ: 普通肌、コンビネーション肌のためのエッセンシャルオイル
カファ:オイリー肌のためのエッセンシャルオイル
それではお元気で!!

 

※この文章はスンダリUS本社が、アーユルヴェーダの知識について記したものを忠実に日本語訳したものであり、美容の効能効果を唱っているものではありません。また,日本国内における化粧品の効能効果とは一切関係ありません。

↑このページの先頭に戻る
←TOPページに戻る