アーユルヴェティック通信AYURVEDICPRESS

Vol.36 消化不良とアユールヴェーダ

sundari32

 

消化は私たちの健康にとっても大切なことです。アユールヴェーダは消化を改善するのにたくさんの提案が皆さんにあります。ピッタが過剰な時は体内でバランスを失うことが多く、酸の消化不良を起こすことがあります。ピッタタイプの人は胃酸過多や消化性潰瘍になる傾向があるようです。ストレス、焦り、怒りや熱も、ピッタを悪化させるようです。

 

あなたがもし消化不良を感じているならば…

 

  • ピッタを悪化させる食べ物を避けて。例えば、酸系のフルーツやジュース、酢、トマト、スパイシーフード、揚げ物、塩分の高いもの、タマネギやニンニクを。そしてアルコールも控えて、冷たい食べ物や飲み物を採ってください。ココナッツジュースもピッタドーシャを鎮めるのに最適です。
  • 食事を抜かさず、3食摂りましょう。空腹は胃腸をさらに酸化させます。あまりお腹が空いていなくとも、朝食を少しでも取って。朝食を省くと、昼食時にお腹が空いて食べ過ぎてしまうかもしれません。
  • ストレス解消に瞑想もおすすめです。美しい自然をゆったりと楽しんでみて。

それではお元気で!!

 

 

 

※この文章はスンダリUS本社が、アーユルヴェーダの知識について記したものを忠実に日本語訳したものであり、美容の効能効果を唱っているものではありません。また,日本国内における化粧品の効能効果とは一切関係ありません。

↑このページの先頭に戻る
←TOPページに戻る