アーユルヴェティック通信AYURVEDICPRESS

vol.19 ココナッツオイルの素晴らしい恩恵

ココナッツオイルは、アーユルヴェーダにおいて伝統的に使われている原料です。

温度が低くなると固体化しますが、あまりベタつきはありません。

発疹や火傷、炎症、その他の皮膚症状に伝統的に用いられています。

このオイルは鎮静作用があるとされており、強いピッタ体質に最も適しています。

 

ココナッツオイルはさらりと肌に浸透し、肌のキメを整えるのを助けます。

それは、身体に大気中からより多くのプラーナ(生命エネルギー)を吸収させます。

ココナッツオイルを塗布すると、頭皮はうるおいを増します。

また、サンタンオイルとしても人気があります。

 

無題

 

このオイルは、インドにおいて伝統的にヘアケアのための原料として使用されてきました。

世界の中でもこの地域の女性は、美しく豊かな黒髪を持つことで知られています。

ココナッツオイルが髪を健康に保ち、保護するという特性は古くから伝えられてきました。

 

現代の研究者達は、これらの説が正当であることを立証しました。

彼らはココナッツオイルが、毛幹に浸透するというユニークな特性をもつただ一つのオイルだということを発見しました。

これは、毛髪のタンパク質とココナッツオイルの親和性が、毛髪により高い保護力をもたらすことによるものでしょう。

 

ココナッツオイルを洗髪前に塗布すると、毛髪の強さは16%向上し、タンパク質の流出が28パーセント減少することが知られています。

ココナッツオイルは毛髪の静電気を減らし、極度な乾燥毛や縮毛を治すのに役立ちます。

脱色毛や染めた髪に、ココナッツオイルはより一層素晴らしい効果をもたらします

-ココナッツオイルの適用により、毛髪の天然タンパク質の流出は45%減少し、枝毛の量は半減するのです!

 

SUNDARIの「ハイドレーティングヘアオイル」をぜひお試し下さい。

 

 

 

 

※この文章はスンダリUS本社が、アーユルヴェーダの知識について記したもの(Amazing Benefits of Coconut Oil)を忠実に日本語訳したものであり、美容の効果効能を唱っているものではありません。また、日本国内における化粧品の効能効果とは一切関係ありません。

↑このページの先頭に戻る
←TOPページに戻る