スンダリの目指す美INNER BEAUTY

インナービューティー

スンダリの考える美しさとは、心身のバランスが整うことで、自然とバイタリティに満ち、内側から輝くような光を放つ心地よい状態のことです。
東洋と西洋の美の習慣を融合したスンダリの哲学は、女性一人一人にとって最適なバランスを見つけて、自分らしい美を表現する助けになることです。 自分らしい美を表現することは、クリエイティヴなプロセスであり、自分自身と自分を取り巻く世界をより深く理解することにつながります。 スンダリはこの「自分らしい美」探し、という普遍的探求の旅へと、皆様をご招待します。

サンスクリット語でスンダリ(sundãri)の美の定義は、体験と試みであり、決して到達しなければならない目的ではありません。 美のイメージそのものが美であるとも紹介しています。 ヴェーダ人(古代インドの民族)の伝統では、スンダリは自身の中に宿る女神とされています。 女神スンダリは美の化身であり、インド文化においては、その調和と強さと気品が人々から崇拝されています。 女神スンダリへの崇拝は私たち一人一人の内なる光を敬うこと、つまり自分自身を尊ぶことになるのです。
スンダリは、アーユルヴェーダの豊かな歴史とヨガやホリスティックヘルスの哲学にインスピレーションを受け、美の新しいビジョンを提案します。
スンダリは、心と身体と精神のバランスを整え、本来誰もが持っている内なる真の光、自分らしく輝く美を見つけるための、マントラであり、案内人になることを願っています。

スンダリのエイジングケア心身の健康美

スンダリでは、美しさと内面の安定は比例すると考えています。
そして美しい肌は内面を表す鏡です。それゆえに美しくなるということは、健康になるための旅でもあります。様々なストレスによる内面のひずみが免疫力を低下させ、老化の進行に影響を与えることは、現代科学によっても証明されています。
また、最近の調査ではストレスがコラーゲンやエラスチンなどのタンパク分解、シワ、ニキビ、脱毛などの老化を直接的に加速させることが報告されています。スンダリはアーユルヴェーダからインスピレーションを得たスキンケアとトリートメントのシナジーで、肌ストレス軽減させ、心身のバランスが整うことによるエイジングケアにホリスティックなアプローチで挑戦しています。

↑このページの先頭に戻る
←TOPページに戻る